‘information’

ふくしまキッズの第2ステージ

2016-01-25

ふくしまキッズの第2ステージ

ふくしまキッズ連絡協議会
会長 進士 徹

新しい年になりました。皆様はどのような新年のスタートだったでしょうか・・・
東日本大震災・原発事故から5年の大きな大きな節目を迎える年です。福島県内に暮らしていると震災前のようになって来ましたが、放射線と隣り合わせの生活の中に、我が子にその影響が出ないで欲しいと常に祈る気持ちが高くなってきています。実に複雑で重たい思いです。
さて、ふくしまキッズの活動も第2ステージへと移行期間中であり、「支援」から「共援」(参加した子どもは勿論のことですが、関わったみんなが、相互にプラスとして実感できる関係性の意味です。)という考えに同時に切り替えて行ければと思っています。
2011年の夏に初参加した子どもの中には、高校に進学しボランテイアとして関わるまでに成長している子もいます。それは参加した子ども達の心にしっかりとふくしまキッズの活動を通じて心に生き続けるものがあった証であると受け止めています。
今まで支援と応援し続けて頂いた皆様には、実行委員会からふくしまキッズ連絡協議会へ移り、今後もさらにしっかりと歩める体制でありたいと思っていますので、どうか引き続きよろしくお願いします。
日本列島はいつ大きな自然災害が生じるか分かりません。福島は、全国に先駆けた課題解決先進地であると思っています。ふくしまキッズ=子どもの体験教育。今後の子ども達の育成に大いに参考になると思っています。
春休みには、今まで協力してくれた地域(北海道、空知・横浜・富士山・京都・県内)が体制を整えつつ、受け入れ準備を進めているところです。
今後のお知らせについても、引き続きこのホームページを通じて、参加募集や、活動中のブログなど発信していきます。時々確認して頂き今後の動きについても見守って頂ければと思っています。

2016,1月25日

Fukushimakids information | Comments Closed

<私の復興>子どもの成長を実感 (河北新報 2015/12/11)

2015-12-11

 

Fukushimakids information, 新聞・WEB掲載 | Comments Closed

福島の子、NYで米支援に感謝 「絆を忘れない」(共同通信)

2015-10-22

Fukushimakids information, 新聞・WEB掲載 | Comments Closed

週刊NY生活 ふくしまキッズNY感謝の英語報告会

2015-10-22

Fukushimakids information, 新聞・WEB掲載 | Comments Closed

NY報告会報告

2015-10-19

20159ny_info

Fukushimakids information | Comments Closed

実行委員長挨拶の更新をしました

2015-10-19

実行委員長挨拶

Fukushimakids information | Comments Closed

◎ふくしまキッズの区切り、そしてこれから・・・

2015-10-19

ふくしまキッズ委員長 進士 徹

 10月16日、ニューヨークにあるジャパンソサエテイのレセプションルームで、ふくしまキッズ代表の8人の子ども達が、この5年間の活動を応援して頂いた世界の人に向けて、感謝の言葉と活動を通じて学び得た事を、英語でスピーチしました。堂々と発表しこの報告会が盛会であったと一報が来たとき、言葉には言い尽くせない安堵感が広がりました。多くの愛と心ある皆様のご支援によりお約束した5年間の活動の大団円を迎える第一歩を踏み出すことができました。
福島の子どもの笑顔と元気を応援する「長期宿泊体験教育実践プログラム」として、5年前、2011年の夏に活動をスタートさせ、北海道、石川県、兵庫県、京都府、神奈川県、岐阜県、長野県、愛媛県、熊本県、長崎県、福島県、そして海外はドイツにも活動の輪は広がりました。そして、それぞれの地域の方々との様々な特色を持った交流は、ふくしまキッズに参加した約4600人の子ども達の心を豊かにするエッセンスとなりました。
決してあきらめることなく、地域の人がつながれば、どんな困難の中にあっても、希望が見いだせることも、ふくしまキッズの活動を通して分かった事です。
原発事故という暗く悲しいマイナスの出来事を、ふくしまキッズの活動によってプラスに転じることが出来たと確信します。なぜなら、それは参加した多くの子ども達が「いつか恩返しが出来る大人になりたい」と心に誓っているということを多くの保護者の皆様からお聞きするからです。
福島の復興は20年、30年、40年・・・長い時間を必要とします。ふくしまキッズに参加した子ども達が、大人になったときに真の復興を遂げてくれるものと信じています。
この活動の大団円は11月28日の磐梯熱海において行われる「フェアウエルパーテイー」です。ふくしまキッズ実行委員会としては、ふくしまキッズ達と各地受け入れて頂いた方々とのこの交流会を持ってラストイベントといたします。
ふくしまキッズは、寄付金をベースとして、多くの団体が一体となって活動する「実行委員会」から、それぞれの団体の状況に合わせて活動する連絡協議会へと、活動は第2ステージへ移っていきます。この冬、春の活動はその切り替えの時期になる為に、今までの申込方法でなくなることをご理解下さい。
第2ステージは、「繋がりと成長」をイメージしています。今までのご縁で繋がった地域との「絆」を大切にし、子ども達のさらなる成長に願いを込めた活動を具現化していきたと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

Fukushimakids information | Comments Closed

ふくしまキッズ冬の活動募集要項が掲載されました

2015-10-19

 

 

募集要項

あぶくまプログラム

北海道プログラム 空知コース(ゆうばりネイチャーキッズクラブ)


Fukushimakids information | Comments Closed

ふくしまキッズ北海道視察について苫小牧民報に掲載されました。

2015-09-08

「ふくしまキッズ」実行委 受け入れのお礼でむかわ町穂別に

(2015年 8/17)

ふくしまキッズ実行委員会の吉田博彦副実行委員長と寺脇研支援員、事務局の鈴木菜津美さんがこのほど、むかわ町穂別地区を訪れた。この夏で実行委員会としての活動がフィナーレを迎えることから、これまでに北海道コース受け入れ先となったまちを巡ってお礼をしている。穂別では受け入れに協力した町民や、来町した小中学生も加わった短編映画を2012年に作った映画制作グループ・田んぼdeミュージカル委員会のメンバーらが出迎え、思い出を語りながら親睦を深めた。 …. (苫小牧民報 8/17 より)

詳細はコチラから

Fukushimakids information, 新聞・WEB掲載 | Comments Closed

ふくしまキッズ2015年夏の活動が終了しました

2015-08-26

ふくしまキッズ実行委員会
委員長 進士 徹

「ふくしまキッズ」の13回目となる2015年夏の活動は8月23日をもって全てのプログラムを終了しました。2011年夏休みから学校長期休暇期間毎に活動を積み重ねてきましたふくしまキッズですが、当初より活動は5年間と決めていたため、今回の夏プログラムで最終回となりました。

13回目となったふくしまキッズ夏季体験プログラムは、7月23日~8月23日に、北海道大沼、全道・日本海(兵庫・京都・石川)・白山金沢・愛媛県・信州木曽・県内鮫川・ドイツ、ザクセンと、多くのボランテイアの方々の協力を頂き、全23プログラムを実施することができました。
457人の小学生から高校生までの参加があり、30日間の長期プログラムや海外プログラムと活動も多様になり、最終回にふさわしいふくしまキッズの夏となりました。
プログラム最終日には、仲間と別れることに涙し、出迎える保護者との久しぶりの対面に再会に涙と、感激の多いプログラムとなりました。
震災、原発事故がきっかけで活動したふくしまキッズは、当初は避難が最優先事項でしたが、今では子どもたちの計り知れないほどの成長を促す多彩な教育プログラムとなりました。きっとふくしまキッズで育った子ども達が将来の福島を創造し、希望を見いだし、心通い合う温かい社会を構築してくれると信じています。
この5年間ふくしまキッズは、子どもたちの成長を培ってきたことは勿論のこと、保護者、受入地域、ボランテイアの方々などの多くのかたが関わって作り上げ、関わる人たちに幸せをもたらすことができました。この成果をさらに次につなげ、新しい形へとつなげていくつもりでいます。
著名な支援委員の方々、特別賛同人の方々のお力添えも頂き、そして多くの方々の心あるご支援があればこそ、この5年間活動することができました。全ての皆様に厚く御礼を申し上げます。
今までありがとうございました。

Fukushimakids information | Comments Closed

« Older Entries
Copyright(c) 2011 ふくしまキッズ実行委員会 All Rights Reserved.