2014夏 福島県内あぶくまプログラム Dコース

ぽんた学長ですわーい(嬉しい顔)
今日は、晴れがまぶしいくらいです。
昨日はおもいきりの雨でした。
台風の余波だったのでしょうね。

さて、ふくしまキッズ、あぶくまコースABCDひらめき全て終了しました。
期間中、体調を悪くする子もなく、大きな怪我もなく、元気に賑やかに各コース特徴をもって、実に有意義に出来ました。
今はひっそりとしたあぶくまになっています。

振り返って感じることは、子ども達と心が通い合うように心がけたことです決定
1日の進行内容も、大人が一方的に、「これやるよ」・・・あぶくまではNG演劇
あるプログラムを提示して、子ども達と合意形成する手法があぶくま方式です決定
そうすることによって、子どもの参画意識がぐんぐん伸びていきますグッド(上向き矢印)るんるんグッド(上向き矢印)るんるん
更に楽しいだけの遊びと同様大切にしているのが、係の仕事です。
体操・犬散歩・食事の片付け・食事の準備・畑・日直・・・大人も一緒にやるわけですが、最後まできちんと任務を達成することを自然体で学習していきます。
前夜の子ども会議で、日直が司会進行しながら進めるわけです。

通う学校も違う子が、同じあぶくまに来て、短時間でこのような素敵な仲間意識になっていくのですハートたち(複数ハート)かわいいるんるん

関わっていて、子どもの無限の力をいつも感じています。
もっと伸びる、もっと伸びる・・・・と

関わるおとなスタッフや、ボランテイアも同じように成長していくのです。
はじめからスパーンと入れるタイプ!スタートがゆっくりでも後からぐんぐんバリバリこなすタイプ!!
一人一人違いますが、自分から考え、行動します。
私からは一言「あぶくまに来て、ラストの日を迎えたときに、自分の心に悔いは無し!!」そう感じて欲しいです。
そのためには自分は目の前の子どもとどう関わるべきか、全体進行と同時に動くのではなく、心は半歩前を見据えて動くようになります。

子どもと同様、ぐんぐん伸びるスタッフを見て、嬉しくなるぽんた学長です。
ここに相乗効果が生まれるわけです。
大人の動きが良くなれば、子どもにも反映されます。
気持ちよい空間と、楽しい雰囲気があちこちに生まれるわけです。
あぶくまの環境は、他と比べるとシンプルすぎます。
設備も完璧ではありません。ですが、一つ一つに創りあげて生きた想いがたくさんあるわけです。

あぶくまコースは終わりましたが、ふくしまキッズコースは今月25日まで続きます。
私は郡山での復路の迎えに専念します。
フランス青年:シリル君といっしょに・・・車(RV)

あぶくまDコースが無事に終了しました!

昨日の夜は、ブログアップのあと、石釜ハンバーグを食べて、花火をしましたよ。

そして今日は最終日。朝からお片づけや掃除をみんな一生懸命しました。そしてお昼はお餅をついて食べました~。たくさんついたのに、あっという間におかわり分もなくなってしまいました。そして、ふりかえりをして解散しましたよ。

Dコースのみんな、雨が多い毎日になってしまったけれど、全然そんなことに負けない素晴らしいメンバーでした。後ろ向きな言葉は出ず、あるもののなかでめいっぱい楽しむことができ、雰囲気よく、仲良くすることができるみんなでした。まだまだ泊まりたい!って言ってくれる子ばかりで、おとなたちは嬉しかったよ!

これであぶくまプログラムはすべて終了です。集まってくれたおとなや子どもたちがみんなで作ったプログラム。みんなの力で、本当に楽しく、思い出に残るプログラムにすることができました。ありがとうございました!

ブログ担当:伊藤(いっちゃん)

あぶくまDコース4日目、最終前日。

昨日はブログのあと、ドラム缶風呂!強風なんてなんのその、男の子も女の子も大人も、みんな気持ち良さそうに入っていました~。1回だけしか入れないのが残念。

今日のお昼にはイベントが2つ。1つは、手作り手打ちうどんを作って食べたこと。もうひとつは、おとなスタッフのひとり、ドカさんの誕生日のお祝いをしたことです。手打ちうどんは、係のみんなが一生懸命捏ねてのばして切って、とってもおいしくできました。ドカさんの誕生日には、ケーキはもちろん、折り紙で部屋を飾りつけたり、プレゼントを作ったり。ドカさん、本当にびっくりしてましたよ。そんなドカさんの喜ぶ様子を見て、みんなもとても嬉しそうでした!

午後は、棚倉町の山本不動尊という場所の渓谷へ。ここの川で遊びました。プールとはまた違って、緑に囲まれ、下は石がコロコロ。流れもあります。みんな、全身で自然そのものを感じ取って、楽しんでいました。詳しくは写真をご覧ください!

こんばんは・・・ぽんた委員長です。さっそくメッセージをいただきました。ありがとうございます。

台風の余波がまだあるようです。風が時々強く吹いている、あぶくまです。でもそれほど心配する事は無いようです。

さて、先ほどスタッフ「いっちゃん」がたくさん写真をUPしてくれました。たくさん写真があると言うことは、それだけ子dも立ちの活動も賑やかさが増しているという証です。初日よりも二日目、二日目よりも三日目・・・というように。

関わって思う事は、あぶくまコースに初参加の子は、戸惑いながらも共同生活に溶け込み始めています。年上の子が年下の子のお世話もするなど・・・その行動も自然体で、見ていてとっても素敵な場面があります。

さらに、活動を盛り上げてくれているのが、ボランテイアスタッフです。週末の2日間ですが、明治安田生命のバックを頂き、今回は4人の方の応援をいただきました。遠い方は山口支社からわざわざこの活動のために来てくれたのです。ありがたいことです。

別れ際にメッセージをいただきました。「また来年も、こうして活動に合流することを楽しみにしています。」

「みんなから元気を分けてもらいました。また会いましょう。」「係もみんなが、率先してやると気持ちがよいですよ。」とっても楽しい活動でした。」

そして、東日本復興財団の高森さんも活動の視察に来てくれました。いつも温かく私たちの活動を支援してくれています。「自然体験活動が、子ども達が伸びるもっとも優れている分野だと感じています!!」・・・と私に語り掛けてくれました。

あぶくまの子ども達の元気な様子、そして雰囲気は抜群!!とも付け加えてくれました。

嬉しいです。

明日はきっともっと、もっと仲良し度も上がるでしょうね。子ども達同士、そしてスタッフのお兄さん、お姉さんとの関わり、その一つ一つに大切な生きた学びがあります。この子達が将来高校生、大学生、社会人になった際に、その受けた事を恩返ししてくれる子が、一人二人・・・・きっと行動に出てくれると信じています。

さて、体育館での「綱引き」・・・・子どもVSフランス人「シリル青年」とやりました。シリルは力持ちでとても優しい青年です。楽しく、温かく、あぶくまの時間は動いています。どうぞご安心下さい。

 

あぶくまDコース3日目です。写真がかなりたくさんになってしまいました。。。

午前中はいつもどおり。ただし、今日は朝から雨ふりなので、自由遊びも屋内や軒下で。薪割りをしたり、歌を歌ったり、それぞれ思い思いに過ごしました。午後は村の体育館へ。フランス人シリル1人VS子ども全員(!)の綱引きをしたり、思い思いにボール遊びなどしたあとは、みんなでゲーム。男VS女で、ボール取り合戦をしました~。このゲーム、オシリが床から離れたら反則、しばらく参加停止のペナルティです。大人も子どもも大盛り上がりでした!

さてさて、あぶくまエヌエスネットでは、いま、雨が時々ザーッと降り、風が強く吹いています。天気予報によると、この強い風が吹いたり止んだりは、今晩は続くかもしれません。しかし、自然の猛威にめっぽう強いのが中山間地。何があっても自給自足できちゃうのでへっちゃらです。子どもたちも、風のガタガタ音を楽しんでいるもよう。

あぶくまDコース2日目です。今日は、起床→体操→朝食→片付け・勉強→自由遊び→昼食(ピザ!)→プール→夕食、という流れでした~。

大きなイベントのひとつはピザ!昼食準備係の子たちが一生懸命こねてくれたピザ生地を、みんなそれぞれのばして、野菜をトッピングしました。ポンタ山のピザ焼き職人は、今日はフランス人のシリル。やったことないらしいですが、やっぱり様になりますね~。そうして焼けたピザ、みんな脅威の速さでペロリ完食でした!

午後のおでかけはプール。ちょっと気温が低めでしたが、遊んでいれば寒くないのです。元気な子たちは、プール内で男スタッフにバンバン放り投げてもらっていましたよ。

あぶくまDコースがスタートしました!

全部で子ども20人、おとなスタッフ14人の体制です。子どもは、繰り返しポンタ山に来てくれている子もたくさん。今日は、集合のあとは、ポンタ山のフィールドで自由に遊びました~。途中、雨に降られてしまうこともあったけど、さすがベテランの子たち。自由にのんびり、屋内でそれぞれ楽しんでいましたよ。

明日の午後はお出かけの予定。お天気とも相談しながらですが、荒天でも、プールや図書館には行けるはず。明日も子どもたちといっぱい楽しみますよ~!

1 / 11

ブログカレンダー

2017年2月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728