2014夏 日本海プログラム

8月2日に行う予定だったキャンドルアートを

雨の為にできなかったのですが、今回、ふくしまキッズへの思いを込めて

一夜限りのキャンドルアートがありましたので、報告いたします。

 

帰ってからも新居浜のみなさんは、みんなの事を忘れていませんよ。

 

みんなへ、

修了証書は、来週くらいにみんなの家に送るから待っててね!

なかじ

今回、日本海プログラムの白山麓ポーションに於いて、物心共々本当にたくさんの方のご支援を頂きました。

私たち運営委員会は、その方々のお気持ちをカタチにさせて頂いたに過ぎません。

ここに写真の掲載がある方以外からも多くの方々からご支援を頂きました。遠方でスタッフが伺う事が出来なかったり、郵送や宅急便などでご支援頂いた方、匿名を希望される方、また様々な事情で写真をお撮りする機会がなかなか無く写真の無い方もいらっしゃいます。

夏のプログラムの報告書には全ての方(匿名希望の方を除く)を掲載させて頂きたいと思いますが、ここでは写真をお撮りする機会があった方をご紹介させて頂きます。

またFacebook の「白山麓ジロバタ舎」ページでは、写真の無い方も含めて順次全てのサポーターの方々をご紹介させて頂いております。宜しければぜひアクセスしてみて下さい。

皆さん、本当にありがとうございました。

今後の活動に向けて引き続きご支援のほどよろしくお願い致します。

 

 

みんな元気??

家族のみんなと、3週間あった話を沢山しているのかしら?

疲れきってゆっくりしているのかな?

君たちと出会った大人は皆、君たちの虜になって、

プログラムを終えた後も

「あーだ、こーだ」思い出話をしながら日々ブログをチェックしていました。笑

 

プログラムが終了して2日。

もうすでに、福島での日常を元気に生きているのだろうと想像しています。

 

お久しぶりです、京都の藤です。

実は京都のプログラムが終了してからすぐに、

京都ボランティアの“かえ”がスライドショー作りに励んでくれていました!

そして完成!!

”かえ”はいつも子どもたちの隣りでそっと寄り添いながら、

子どもたちのサポートをしてくれていました。

普段は広島に住んでいる彼女。

遠いところから、最後にプレゼントをありがとう。

 

京都で起こった色々な物語を、キッズ達と一緒に思い出しながら楽しんでください!!

http://youtu.be/Nm_JevjSp90

8月24日、18:20pmに郡山、19:30pmに福島へ無事全ての子ども達を親御さんに会わせる事が出来ました。

郡山でも福島でもハイタッチと笑顔でお別れ、とっても可愛い子ども達よ、明日から新学期だけど頑張ってね!

みんなまた会おう!

 

 

磐梯山が見えて来ました。石川県白山麓を出発して既に8時間少々、車内では退屈しないようずっとDVDを流しています。

「うさビッチ」「となりのトトロ」そして今は5本めの「クレヨンしんちゃん」です。

テレビで気が紛れているからか、予想していたよりも疲れは軽そうに見受けられます。

もうすぐお家の方と3週間ぶりに会えますね。

とても頑張った子ども達、一回りも二回りも大きく成長した事でしょう。

間もなく上越ジャンクションです。

約1時間遅れています。このままこの後順調にいくと郡山6時頃到着、福島へは7時頃到着予定です。

子ども達は車酔いも無く元気に、車内でお弁当を食べ、DVD「アナと雪の女王」を見終え、今は2本めのDVD「ラプンツェル」を観ています。

8月23日

3週間に及ぶ日本海プログラム、そして白山麓での最後の夜はキャンプファイヤー、準備の時には晴れていた空が… 山の天気特有の急変、雷が鳴り一転土砂降りに

でもそこは、みんなでチカラを合わせ頑張って登った霊峰白山のご利益でしょうか、キャンプファイヤーをスタートする時間にはピタっと止み、予定通りキャンプファイヤーをすることが出来ました。

井桁に組んだ薪を囲んで丸く円陣を組んで座りトーチの入場を待ちます。

キャンプファイヤーの定番ソング「遠き山に日は落ちて」を皆で歌い始めるとまもなく、4本のトーチが入場して来ました。

1つめの炎は兵庫での思い出

2つめの炎は京都での思い出

3つめの炎は石川での思い出

4つめの炎は皆で作った思い出

です。4つの炎で薪を囲み点火、みんなの思い出の炎が薪に移り次第に炎が大きく燃え始めました。

元気にそして美しく燃える炎を囲んでみんなでゲームをしたり、歌を歌ったり、とても楽しく皆の心が一つになったキャンプファイヤーでした。

最後は花火で締めくくり、スタッフ、ボランティア、そして今回の仲間全員での楽しい思い出が出来ました。

いよいよ明日は福島へと帰ります。

8月23日

午後、希望者はイワナの放流を体験、その後みんなで地元の温泉、しらみね天望の湯でお風呂に入りにいきました。今回子ども達は風呂の無い山小屋で1泊した時を除いて毎日温泉でお風呂に入りました。

お風呂から戻って5:00pmからは、いよいよフェアウェルのお楽しみの時間

まず最初、皆で生活班(3つ)に別れてチーム対抗のゲーム大会、ワーワーキャーキャーとても盛り上がりました。そして子ども達がゲームを楽しんでいる間に準備を進めていた手作りのお祭りでは、模擬店スタイルで、たこ焼き、焼きそば、鉄板焼き、サンドイッチ、ちらし寿司などとゲームコーナーで思い思いに楽しみました。

最初白山麓に到着した時の子ども達の少し疲れが出始めた表情と、白山に登ってからの子ども達の表情が全く違うのがとても印象的でした。今回の白山登山はただ山に行ってハイキング登山するのではなく、子ども達に自分自身にチャレンジすること、仲間と一緒にチャレンジすること、目標に達成して成功する体験、その成功体験を自分自身への自信につなげる事を学んで欲しいという思いで行いました。

福島に帰ってからも今回得た経験を活かして逞しく成長して欲しいと思います。

8月23日

今日は3週間に及ぶ日本海プログラムの最終日、明日の長距離移動にのんびり自由に、学生ボランティアのスタッフと過ごしました。

外で遊ぶ子、部屋の中で本を読む子、将棋をする子、カードゲームをする子、ギターの伴奏で歌を歌う子など思い思いのスタイルで楽しみました。

白山麓滞在中、3つの班に分かれて食事係りを順番にしてくれた子ども達、今日は白峰名物の「おろしうどん」を作って食べました。

「おろしうどん」は冷たいうどん(乾麺)に、大根おろしと油あげ(軽く炙った薄揚げを小さくカットしたもの)に出汁醤油で味付けして混ぜたものを上からたっぷり掛けて、椀子そば風に何杯も食べるというもの。

とっても美味しく出来たので子ども達は山盛り食べていました。

ブログカレンダー

2017年2月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728