2014冬 富士山プログラム

富士山コース、無事に郡山ビックパレットにて解散できました!

18:50頃、福島駅に向けて出発しています!

無事に愛媛コースと合流、上河内SAを目指して走っています。

今のところ、道路は順調。

バス内はなぜか富士山コースメンバーだけが「アナと雪の女王」を大熱唱(笑)

10:00手前、ホールアース自然学校を無事に出発しました!

運転手さんのお話だと、例年より全然混んでいないとのこと。

時間帯による変動もあるかと思いますが、あまり遅くならずに郡山・福島に着けることを願っています!

ふくしまキッズ 富士山プログラム7日目。

最終日は朝から移動となるため、実質今日がキャンプ最終日となります。

本日のプログラムは

・命をいただく(鶏の屠畜・解体)

・宿泊場所の大掃除

・フリーチョイス

・キャンプファイヤー

・お別れ会

今日は朝から雨が降り続き、前半は屋根の下での活動となりました。

雨の中、カッパを着てちゃんと動物のお世話も済まし、「命をいただく」プログラムを

ホールアースで若手猟師としてシカを捕獲し、「命」の意味を深く理解しているスタッフ

「みっちー」が行ってくれました。

鶏の解体をする前に、みっちーよりメッセージ。

『命をいただくという行為、自分たちがいつも食べている「肉」が誰にどうやって育てられて、どういう経路で自分たちの口に入るのか。

命をいただく時、見れない人もいるかもしれない。でも、絶対に知っていて欲しい瞬間だから、目をそらさないで欲しい。』

 

昨日自分たちで選んだ老鶏(卵を産まなくなった鶏)2羽を、自分から手を上げた子ども2人が、

自分の手でナイフを首に入れ鶏の命を立ちました。

いつも笑い合い、元気よく過ごしている彼らですが、この時ばかりは行っている子も、見ている子も、全員が真剣な眼差しで見守っていました。

命の灯火が消えた鶏の皮を剥ぎ、肉が見えた瞬間、「見たことある鶏肉だ-」と声があがりました。

ここからはもう自分たちの知らない、わけも分からずただ怖い「命」ではなく、「よく知っている肉」として見ることが出来、

モモ・ムネ・手羽先など、一つ一つの部位を説明してもらいながら、

見慣れた肉になっていくに連れて、自分から手伝いをできる子どもがだんだんと出てきて、ほぼ全員で製肉していきました。

解体したお肉は、料理長ワッキーの手によりおいしい料理に生まれ変わり、

いつもより、意味の深い「いただきます。」 誰一人として残すことなくいただきました。

みんな、家へ帰ったあとも自分の口にするものに思いをのせてくれるでしょうか。

そんな、お昼ごはんをいただいた後は、宿泊棟の大掃除!

手分けして、一生懸命自分たちの家をキレイに、元通りにしました。

命のプログラムの後だからか、ふざけることなく、まじめに全員取り組んでくれたおかげで

早く終わり、余った時間でフリーチョイス!

ごぼうチップスづくりや弓矢大会、動物と野遊び、部屋でのんびり。ホールアースで遊べる最後の時間、

好きな時間を好きな仲間とすごしました。

そして、最後の動物のお世話。

全員でゆっくりとヤギ、ウサギ、イヌのお世話を心置きなく出来ました。

夕食は、ホールアースキャンプのお約束「手づかみカレー」屠畜した鶏肉も入ってます。

無機質のスプーンを使わず、素手で食べることで、口に入る前に手で味わい、2回美味しさを味わえるのです。

キレイに平らげた後は、キャンプファイヤー!

焚き火を囲んで、スタッフの用意したおもしろゲームや踊りで盛り上がりました!

内容は。。。子どもたちに聞いてみてくださいね。

終わった後はキャンプのふりかえりとお別れ会。

スタッフが作った写真スライドショーで1週間の出来事をふりかえり、

 

ひとりひとり、自分のタイミングでキャンプの思い出、感想を話しました。

たくさんの思い出があり、なかなか言葉に言い表せない子も。

全員が話し終えたとき、時刻はすでに9時半過ぎ。

意識朦朧の子もいたけれど、大切で、とてもいい時間を過ごせました。

さて、明日は最終日、最後の荷造りをして、キッズたちは遠い遠いふくしまの地へ帰っていきます。

ご家族の方々、8日間のハードスケジュールを頑張りぬいたお子さんたちを、温かく迎えてあげて下さい。

 

キャンプ長 むさし

富士山キャンプ、今日で6日目です。日課からスタート。食事当番の子どもたちは、

自分の顔くらいある大きさのカブを一生懸命、みじん切りにしてくれました!
そのカブは夕食に登場しました。

今日は、「身も心も清めて新年を迎える!」ということで、地域のお寺「興徳寺」さんで掃除と読経。そしてお餅つきへ!


まずは、掃除。廊下の雑巾がけ、掃除機がけ、庭の掃き掃除など、みんな頑張って、とてもきれいになったと、住職さんも喜ばれていました。


次は、読経。住職さんから、お焼香のやり方などを教わり、みんなで読経をしました。いつもとは違う、雰囲気が流れていたような…。


住職さんからのありがた~いお話を聞く顔も、真剣です。


いよいよ、もちつき大会のスタート!地域の方々が協力して下さり、子どもたちが代わる代わる、お餅をついていきました。
真ん中を勢い良くついて、とっても美味しいお餅の出来上がり。なんと、白いお餅、古代米の入りのお餅、桜えび入りのお餅がありました。


古代米は、「あんこが入っているの?」などと聞いていたりして、古代米や、静岡名物「桜えび」のお餅は、初めて見るようで、みんな驚いていました。
最後の挨拶は、代表の子が、地元の人に感謝の気持ちを伝えました。

ホールアースに戻ってからは、このキャンプで初めての、フリーチョイス!自分のやりたいことを、自分で選んで過ごすというもの。
火おこし、クライミング、竹工作、川・野遊びなどなど。

ホールアースの犬「サト」がいなくなり、サト探しをしてくれた子どもたちの姿が多く見られました。※サトは無事に見つかりました。みんな「アモ」も「サト」も大好き!

大草原とはいかないけど、ホールアースのキャンプ場も走り回れる広場があります。そこで思いっきりかけっこやフリスビーであそんだり、

高さ8mの手作りクライミングウォールに挑戦!何度も失敗するけど、頑張っててっぺんまで登りました!

竹を割るところから、弓矢を作りました。自分だけのオリジナル弓矢。かっこいい矢筒も作って、持って帰ります!

動物とのんびり遊ぶ時間も作れました。いつもお世話してるんだもん。ちょっとくらい抱っこさせてよ。
決められたプログラムだけでなく、自分のやりたいことをやる、
というのは、難しいと思った子どももいたかもしれませんが、それぞれ、楽しく過ごしていたようです。

フリーチョイスが終わったら、明日の「命をいただく」のプログラムのために、明日、自分たちがいただくニワトリをしっかりと捕まえていました。
怖くて、鶏小屋の中に入ることのできない子どももいましたが、中の様子をしっかりと見ていました。
明日の「命をいただく」のプログラムでは、どんなことを感じるのでしょうか?

富士山キャンプも折り返し。
5日目の朝は、お弁当作りからスタート!
今日はどこへ行くのかな…


着いたのは「エヘガザル」という牧場!
今日はここで乗馬体験です。

乗馬の前にみんなで一仕事。
早速、馬房のお掃除にとりかかります。


お掃除の後は、馬のブラッシング。
馬たちも気持ちよさそう。


お仕事の後は、お待ちかねの乗馬体験!
「馬の背中ってすごくはずむ!」
「すごいおっきい~。」
子どもたちの嬉しそうな声があっちこっちであがりました。

 

乗馬にも慣れてきたところでレース対決!

見事優勝したのは高学年女子チームでした。


あっという間にお昼になり、お弁当タイム!
朝に自分で作ったサンドイッチを元気いっぱい頬張ります。


牧場をあとにして、午後からは富士宮観光です。


まずは浅間大社に行き参拝。
みんな参拝の作法もきちんとできました。

その後は富士宮散策をしましたが、その様子がこちら。

子どもたちが両手に持っているのはノルディック・ポール!
富士宮市内をノルディックウォーキングです。
夕方くたくたになって帰ってきましたが、毎日の日課は欠かしません。


夕食を食べたあとは、中間ふりかえり。
これまでの5日間をふりかえり、1日目に立てた目標をどれくらい達成できているかを
みんなでふりかえりました。
富士山キャンプも残すところあと3日。
新たな目標も立て、明日からも元気いっぱい楽しみます。

明日は、地域のお寺で年末のお掃除のお手伝い、そしてお餅つき!

午後はフリーチョイスとして、やりたいことを自分たちで決める時間です。

この5日間で子どもたちは何かプログラムにはない、やりたいことを見つけられたのでしょうか。

スタッフ一同は子どもたちの希望を可能な限りむちゃでも叶えられたら幸せです。

 
学生L わたる

富士山4日目!「食」のありがたさを実感の1日 2014年12月27日 2014冬 富士山プ
ログラム

4日目は昨日に続き「日課」から始まりました。

みんな朝早くに起きて、動物の世話や部屋の掃除を頑張ります!

一生懸命働いたあとは、みんなで元気に「いただきます」!

午後からの料理対決に向けて、チームに分かれて作戦タイムです。
学年を超えて、男子と女子もごちゃまぜのチームです!
どんな料理にしようかな。どんな食材が必要かな。

「野力10000000倍」と名付けられた火おこし対決では、
まず、キャンプ長むさしの火おこし講座を真剣な眼差しで聞きました。
料理対決のチームで、大きな火をおこすために協力し合いました。

煙で目がチカチカしたり、火が弱まってしまったり…。
それでも、「火」のありがたさを学びました。

学生リーダーの「りこぴん」が作ったお昼ごはんは大人気のパスタとサラダ!
自分たちで付けた火を集め、大きな焚き火にし、その周りでのお昼ごはん。

男子も女子もみんなたくさんおかわりをしていました。

そして、頑張って火を起こしたご褒美で、デザートには焚き火で焼きマシュマロ!

焼き加減が重要です!やり過ぎるとすぐに焦げちゃうからね~

午後からは農業体験です。


ホールアース本校近くの農場に出かけて、野菜の収穫などお手伝いをしました。
普段することのできない体験ができて、とても喜んでいました。
畑仕事の大変さも実感しました。

農場の方たちから、料理対決の食材をいただきました。

いよいよ、ドキドキの料理対決本番です。

まずは食材獲得のじゃんけん大会!

食材は料理の決め手!予定していた食材が得られるか?!

料理スタート!
制限時間は2時間。
使える食器や道具も限られているなか、
子どもならではの独自の発想で、料理を進めていきます。

出来上がった夕食の時間。


スタッフ一同は、その出来栄えに驚きを隠せませんでした。


野菜を育てて下さった農家さんたちも、その野菜が美味しい料理に生まれ変わり、
本当に喜んでいました。

料理の結果で順位は出ましたが、
自分たちで計画した料理を協力して作り、
食材を育ててくれた農家さんと一緒に食べるという、
とても貴重な体験ができました。

「火おこし対決」に始まり、「料理対決」に終わるという、
ハードなプログラムでしたが、
当たり前のものにありがたさを実感する1日となりました。

明日は乗馬体験。楽しみだ!

リアルタイムの写真は、ホールアース自然学校「福島校」のFacebookでチェックできます!→https://www.facebook.com/WENSFukushima?fref=ts

おっちー

富士山プログラム3日目は毎日の『日課』から始まります。

『動物のお世話』・『料理づくり』・『お掃除』の3チームに別れ、

朝ごはんを食べる前にそれぞれのチームがみんなのために一仕事します。

みんな眠たい目をこすりながら、朝からよく働きました!

よく働いたあとは、朝ごはんをたくさん食べて、

お待ちかねの樹海洞窟探険に出発!

富士山の麓には1000年以上前の噴火によってもたらされた火山洞窟がたくさんあります。

今日は一面氷だらけの洞窟へ。

洞窟に入ったことが無い子がほとんどで、

今まで体験したことのない暗さや空気感に驚きが隠せない様子でした。

それもそのはず!この時期の洞窟は一年で一番神秘的な光景が広がっております。

夏の間に溶けてしまった洞窟内の氷が、また、新しく成長を始めるのが今だからなのです!

氷が張った地面を進んでいくのは、神秘的な反面、危険がたくさん潜んでいます。

ホールアースで行っている洞窟探検では、一般的な観光洞窟とは一切違う、

人の手が全く加わっていない、天然そのものの状態なのです。

そんなスリルたっぷりの洞窟を、キッズたちは恐る恐る、その奥にある光景を求めて進んでいきます。

天上からは剣山のように伸びるつらら、地面には水滴が落ちた瞬間に凍った為にできる氷の山、

「氷筍(ひょうじゅん)」があちらこちらに盛り上がっています。

奥に行けば行くほど氷が増え、最深部は床一面氷に覆われ、まるで天然のスケートリンク!

そんな探険でキッズたちは富士山と溶岩の話、富士山に降った雨がどこに行くのか、洞窟の成り立ちなどを

ホールアースのネイチャーガイド「いくりん」から寸劇を交え、楽しく学んだのでした。

無事に全員が洞窟から脱出でき、時刻はお昼を過ぎていました。

お腹ペコペコのみんなはそのまま富士山のふもとに広がる朝霧高原へ。

広大な草原でお弁当の手作りおにぎりを食べ、そこでもまた遊ぶ遊ぶ・・・!

本当に、子ども達の体力はそこ知らずです。。。

そんな子ども達に負けじとスタッフたちも本気で一緒になって遊びました。

お陰様で筋肉痛です(笑

おもいっきり遊んで、帰ってきたらまずは「日課」。

動物たちのお世話をするのも、初めは怖がっていた子もだんだんと積極的に餌やりや散歩を行うようになってきました。

そして、夕食。美味しく食べていると。。。?

いきなり暗くなったと思ったら陽気な音楽とともにトナカイ?やクマ?イヌ?が登場!

そう!今日はクリスマスだったのでした!おいしいチキンと一人ひとりのイニシャル入のカップケーキ、

そしてクリスマスプレゼントを全員がもらいました。

明日は「火おこし対決!」そして地元の有機農家さんでの「農業体験」からの収穫野菜を使った「料理対決!」と、

対決が多い日です。

子ども達の手でどんな料理ができるのか!?乞うご期待!

 

キャンプ長 むさし、(りこぴん)

まだ日の登らない、真っ暗な5:30に起床したキッズたちは、眠い目をこすりながら

とりあえず目の前においてある朝食を口に入れるのでした。

なぜこんなに早起きなのか・・・!

それは早朝にしかできないプログラム『熱気球』を上げるためです!

昨日のオリエンテーションで沢山の子が楽しみと行ってくれていた、大人気のプログラムです。

気球の天敵は「風」。天候によっては諦めなければならない場合もあります。。

ですが、今日の天気はザ・パーフェクト!!

雲もなく、風も全く吹いていない、まさに最高のコンディションの中、

無事に気球をみんなの手で膨らませることができました。

 

初めて目にする巨大な熱気球。全員の目がキラキラと輝き始めます!

気球を上げる舞台はホールアース自然学校から歩いて10分ほどにある、柚野小学校です。

地元の小学生と一緒になって全員無事に、フライトを楽しむことが出来ました!

気球のゴンドラから眺める景色は、キッズたちの目にはどう映ったのでしょうか。

帰ったら感想を聞いてみてください。

はじめは圧倒されて、「こわい~」しか言わなかった子ども達も、

次第に慣れはじめ、気球から軍手を投げて、キャッチしたり、

気球のベスト写真を撮るためあちらこちらに動いたりしていました。

気球の時間は風が止んでいる朝のたった数時間。8時半には撤収し、

またみんなで力を合わせて畳んで片付けました。

それも終わったのがなんと9時!

昼食までの時間、サッカーやバトミントン、長縄跳びなどをして、ひたすら遊び、また遊び

ふくしまキッズも地元の子も関係なく混ぜこぜで大声でいい笑顔で遊びました。

それでもお昼ごはんまではまだ遠い・・・!

後半はスタッフから子ども達へ、ゲーム大会&静岡×福島クイズ大会が開催され

大盛り上がり、お腹もすっかり減りました。

今日、お昼ごはんを作ってくれるのは、地元で植樹活動などをしている

ボランティアグループのYUNOどんぐりの会のみなさん。

地元の食材を使ったおいしいごはんを振る舞ってくれました。

昼食後は、柚野地域全体を舞台とした、「柚野の里宝探し」!

チームごと地図とコンパスが手渡され、地図に書かれたポイントを巡り、

その場所で指令書と同じ写真を撮ってくるというゲーム。

地図上の数字がそのまま点数になるため、チームごとどのルートで進むか作戦をねってから、スタートしました。

しかし、ふくしまキッズにとっては全く初めての土地であるため、右も左もわからない!

そこで頼りになるのが書くチームに居る地元柚野の小学生たち!

近道や抜け道、地元の土地感をフルに活かしてチームを導いてくれていました。

2時間たち、無事にゴール地点に戻ってきたキッズたちは、短い時間で本当にたくさんの事を経験したみたいです。

『郵便局で局長さんとじゃんけんゲーム!』勝ったら富士山限定はがきゲット!

『商店でお店の人と勝負!』買った分だけお菓子ゲット!

『老人ホームで入居者の方々に歌を披露!』などなど、地域を走り回り、高得点を目指しました。

きになる結果は、どのチームも非常に奮闘し、とてもいい勝負となりました。

初めのルート選びが鍵だったようです。

優勝チームには豪華お菓子の詰め合わせが贈呈されました!

ホールアースに戻ったみんなは、昨日暗くて全く分からなかったホールアースの全貌を初めて見ました。

たくさんの木で出来た建物、たくさんの動物、ひろ~いキャンプ場やきれいな川

四季折々の魅力が詰まったホールアースのキャンプ場をしり、

これから毎日の「日課」となる、家畜動物のお世話の方法をやりながらまなびました。

これが楽しみだった!という子もおり、とっても積極的に餌やりや掃除、犬の散歩などを行ってくれていました。

夕食はホールアースの猟師が獲った富士山のシカの肉を使った『マーボー豆腐!』

日中走り回ってお腹ペコペコのみんなはすごいスピードで完食し、男子も女子もお代わり続出!

今後も、ホールアースキャンプの売りである、地産地消、旬の食材で、美味しいご飯を作っていきます!

 

明日は、人気ナンバー2の洞窟探検の日です。

まだ体験したことのない未知の世界に胸を膨らませ、9時過ぎには全員ぐっすり眠りにつきました。

 

キャンプ長 むさし

ホールアース自然学校「福島校」のFacebookでも、常時写真をUPしてます!

→https://www.facebook.com/WENSFukushima?fref=ts

いよいよ開幕ました!ふくしまキッズの富士山プログラム。

舞台は静岡県富士宮市のホールアース自然学校です。

この度、キャンプ長を努めます、ホールアース自然学校のむさしこと、広瀬森です。

よろしくお願いいたします!

さあ、長いなが~いバスの旅を終え、ようやく到着したキッズたちは、いきなり元気100倍!

興奮大爆発で初対面のスタッフ達に飛び込んできました。全く、緊張している子などいないようです(笑

到着したらまずは荷物をしまい、夕食の準備。今日の夕食は富士宮名物、「富士宮やきそば」

郡山でB-1グルメグランプリが行われた際に食べたことのある子もいるらしく、懐かしがっておいしいおいしいと頬張りました!

食事を食べたら、これから始まるキャンプのスケジュールを紹介!

その後、自己紹介をしてもらいました。それぞれ「ニックネーム」「特技」「楽しみなこと」を発表してもらいました。

「明日の熱気球が楽しみ!」

「洞窟探検で鉱石を探す!」

「火おこしがんばる!」

など、目標を力強く語ってくれました。

そして、キャンプ中の約束事をみんなで確認した後に、大きな紙に全員で一言、それらの目標を掲げました。

これから、内容盛りだくさんでアドベンチャーな長いキャンプが始まります。

全員が最後まで元気よく、楽しんで突っ走る事ができるか!?

明日は朝から、地域の小学校で、地元の小学生たちと一緒に「熱気球」に乗ります!

午後はココ、「柚野」という地域全体を舞台にグループに別れ宝探しゲームをします。

どんなドラマが生まれるのか、乞うご期待!

 

キャンプ長 むさし

 

1 / 212

ブログカレンダー

2017年2月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728