ふくしまキッズについて
「ふくしまキッズ第三ステージへ」

実行委員長 吉田博彦

 

ふくしまキッズは福島第一原発事故の影響から不自由な生活を強いられている福島の子どもたちを守ろうと、ふくしまキッズ実行委員会が全国各地の方々に呼び掛け、NPO、行政関係者、公民館関係者などの協力を得て、事故発生直後の2011年より5年間、支援活動を実施してまいりました。

 

2016年の夏まで、全国40か所を超える地域の方々に福島の子どもたちは育まれ、心豊かな時間を過ごし、活動完了後、多額の支援をいただいた海外の方々への感謝を伝えるために10月にニューヨークでの報告会、11月には福島県に活動を支えていただいたボランティアの方々や支援者の方々と活動に参加した子どもたちと保護者の方々が集まって、フェアウェルパーティを実施し、活動は大団円を迎えました。

 

事故発生当時、「子どもたちへの放射能の影響がはっきりするのは4年から5年後」と言われていましたので、活動当初から5年間の支援活動を行うこととしておりましたので、その段階で一旦支援活動を完了し、2016年の冬からは、「ふくしまキッズ第二ステージ」として、ふくしまキッズ実行委員会の活動で得られた成果を基に、ふくしまキッズ運営協議会を立ち上げ、「支援から交流へ」をテーマに新たな活動を作り出しました。

 

そして、今、2017年に入り、次のステージへ移行します。

 

大切な原点ですから、繰り返しになりますが、ふくしまキッズの活動は2011年大震災直後、福島県内の子どもたちの緊急避難を目的として活動を開始しました。しかし、活動を通して、避難させるという支援だけではなく、これからの福島復興を担う人材を育成したいという思いと、数回にわたる調査から、私達が実施してきたふくしまキッズの活動の教育的効果も明確になってきました。

 

第二ステージでは、そうした教育的効果を基にした自然体験活動を実施する団体を中心にふくしまキッズ運営協議会を立ち上げ、活動の在り方を模索してまいりました。「福島では支援慣れしている人が増えている」という批判もあることを考慮し、ふくしまキッズの活動は「支援」から、人と人との「交流」を基本とする活動を通して、福島復興を担う人材を育成することを目的とし、今後も各団体が活動を継続していくこととなっております。

 

さらに第三ステージとして、ふくしまキッズ実行委員会は、ここまでふくしまキッズが育んできた理念と実績を踏まえて、これまでの活動の様子をアーカイブ化し、この貴重な財産を後世に残していきたいと考えました。そうした第三ステージに移行するにあたり、ふくしまキッズ運営協議会の各団体は自律的に活動を継続するため、運営協議会を解散することといたしました。

 

協議会のホームページが3月15日で閉鎖することの伴い、今後の活動についての情報は、こちらの新しいふくしまキッズ実行委員会のホームページで情報を発信させていただきます。また、この新しいふくしまキッズ実行委員会のホームページでは、過去の活動の様子などを検索機能付きでご覧いただけるように随時作成していきますので、ご期待ください。

 

これまで以上の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

2017年3月15日

 

ふくしまキッズ実行委員会

2016年2月1日以降

 

運営体制

実行委員 実行委員長 吉田博彦 NPO教育支援協会代表理事 監事
実行委員 副実行委員長 宮本 英樹 NPOねおす理事
実行委員 上田 融 NPOねおす理事 委員
実行委員 中嶋 謙仁 NPO未来の暮らしデザイン研究所 代表理事 委員
実行委員 藤原 誉 NPO法人芦生自然学校理事・田歌舎代表 委員
実行委員 青野 信久 こども絆プロジェクト代表
実行委員 芝野 靖 NPO教育支援協会長野代表理事
監査委員 進士 徹 NPOあぶくまエヌエスネット理事長 委員長
事務局長 田中 靖子 NPO教育支援協会

 

事務局

■ふくしまキッズ実行委員会事務局(特定非営利活動法人 教育支援協会 新橋事務局 内)
〒105-0003 東京都港区西新橋1-20-10 西新橋エクセルビル4階
TEL:03-3539-3826 FAX:03-3539-3822

 

設立目的

2011年夏に実施したプログラム「ふくしまキッズ夏季林間学校」事業の成果を基盤として、福島第一原発の事故の影響から福島 の子どもたち守るため、さまざまな活動に取り組む民間団体の協力連携を図り、行政への提案・協議を行う任意機関として「福島の子どもを守ろうプログラム実 行委員会」(以下「実行委員会」という)を設置する。

 

※「福島の子どもを守ろうプログラム実行委員会」は2012年4月1日をもって「ふくしまキッズ実行委員会」になりました

 

基本理念

実行委員会は以下の基本理念を基に活動を進める。
(1)実行委員会は子どもたちを福島第一原発の事故問題から守り、子どもたちの健全育成と学ぶ権利を支援することを目的とする。
(2)実行委員会は活動を通して、民間団体、企業、広範な市民の協力関係を作り出し、共助を基本とした社会を作り出すことを目的とし、行政と連携して活動を進めていく。

 

支援委員(2015年現在)

進士 徹 NPOあぶくまエヌエスネット理事長 全体統括・福島県内活動受入れ担当
吉田 博彦 NPO教育支援協会代表理事 事務局長・支援金募集・渉外担当
宮本 英樹 NPOねおす理事 常任実行委員
安江 こずゑ NPO教育支援協会北海道代表理事 常任実行委員
上田 融 NPOねおす理事 北海道受入れ担当
芝野 靖 NPO教育支援協会長野 長野受入れ担当
藤原 誉 田歌舎代表 日本海プログラム 京都担当
中井 達也 新温泉町いなか体験協議会 日本海プログラム 兵庫担当
南 修 NPO未来の暮らしデザイン研究所(認証申請中)・白山麓ジロバタ舎 日本海プログラム 石川・白山金沢担当
青野 信久 こども絆プロジェクト 愛媛受け入れ担当
中嶋 謙仁 NPO未来の暮らしデザイン研究所(認証申請中)所長 代表理事 ドイツ・ザクセンプログラム担当
金野 栄太郎 公認会計士 会計管理・決算管理担当

 

特別賛同人(2015年現在)

秋山 豊寛 ジャーナリスト・宇宙飛行士・京都造形芸術大学教授
新井 満 作家・作詞作曲家
鎌田 實 医師・作家
小林 武史 音楽家・ap bank 代表理事
坂本 龍一 音楽家
西田 敏行 俳優
日野原 重明 聖路加国際病院理事長・日本音楽療法学会理事長
細川 佳代子 NPO勇気の翼インクルージョン2015理事長・公益法人スペシャルオリンピック日本名誉会長
吉永 小百合 俳優

 

ふくしまキッズ実行委員会規約

2016年1月 28日 改訂

 

(名称)
第1条 この団体は「ふくしまキッズ実行委員会」とする。

(所在地)
第2条 この団体を次の所在地に置く。
東京都港区西新橋1-20-10 西新橋エクセルビル 4階 NPO教育支援協会内
(設立目的)

第3条 福島第一原発の事故問題への対応のために、「ふくしまキッズ」(以下「事業」という)の活動に取り組む民間団体の協力連携を図り、行政への提案・協議を行う任意機関として「ふくしまキッズ実行委員会」(以下「実行委員会」という)を設置する。

(事務局)
第4条 実行委員会の事務局は、NPO教育支援協会内に置き、実行委員会が業務を委託するものとする。事務局は実行委員会の事務業務・会計業務の全般を行い、また、運営会議の開催ごとに議事録を作成し、その管理を行う。

(活動内容)

第5条 実行委員会は、次の活動を行う。なお、具体的な事業活動の推進に当たっては別途に規約を定め、その規約に応じて運営を行う。

(1)長期休暇、および土日の事業すべての意思決定を行う。

(2)事業の実施に向けて民間団体、企業への支援提案を行い、行政との協力関係を作り出すとともに、事業へ広範な市民の参加を促進する活動を作り出す。

(3)事業の決算を行い、事業に協力していただいた関係者に活動報告を行う。

(基本理念)
第6条 実行委員会は以下の基本理念を基に活動を進める。

(1)実行委員会は子どもたちを福島第一原発の事故問題から守り、子どもたちの健全育成と学ぶ権利を支援することを目的とする。

(2)実行委員会は活動を通して、民間団体、企業、広範な市民の協力関係を作り出し、共助を基本とした社会を作り出すことを目的とし、行政と連携して活動を進めていく。

(組織・会議)

第7条 実行委員会は意思決定機関として実行委員を定める。ただし、定足数は定めない。
2 実行委員会は委員の中から以下の役員を選出し、実行委員会を代表する。

(1)委員長 1人
(2)副委員長 1人
(3)実行委員会の委員長は実行委員の互選で選出する。また、実行委員長不在の場合は副実行委員長が実行委員長の代行をする。
(4)実行委員会の召集は、委員長が必要に応じて開催する。

(組織の解散)
第8条 実行委員会は全財産の処理が完了した時点で解散とする。

(会費等)

第9条 実行委員会は固定の会費などを徴収せず、必要に応じて費用を会員から徴収する。
(委任)

第10条 当該年度以降に実施する事業の継続活動など、この規約に定めるものの他に、実行委員会の運営に関する必要な事項は、実行委員会で協議し、委員長が別に定める。

(設立年月日)
第11条 本会の設立年月日は、2011年5月17日とする。
(規約施行日)
第12条 本会則は、2016年4月1日より施行する。

 

ふくしまキッズ実行委員会会計処理規則

2011年5月22日改訂
2012年4月22日改訂

 

第1章 総則
(目的)
第1条 この規則は、ふくしまキッズ実行委員会(以下、「実行委員会」という。)の規約に基づき、実行委員会の収支の状況、財産の状況を明らかにし、真実明瞭な報告の提供と能率的運営を図ることを目的とする。
(適用範囲)
第2条 この規則は、実行委員会の会計業務のすべてについて適用する。
(会計の原則)
第3条 実行委員会の会計は法令、公益法人会計基準に準拠して処理しなければならない。
(会計区分)
第4条 実行委員会の会計区分は、一般会計と特別会計とし、特別会計は、事業遂行上必要のある場合に設けるものとする。
(会計年度)
第5条 実行委員会の会計年度は、5月1日より4月30日とする。
(勘定科目)
第6条 実行委員会の一切の取引は、別に定める勘定科目により処理する。
(帳簿等)
第7条 会計帳簿は次のとおりとする。
(1)現金出納帳
(2)預金出納帳
(3)仕訳帳
(4)総勘定元帳
(5)補助元帳
(会計責任者)
第8条 会計責任者は、事務局長とする。
(帳簿書類の保存)
第9条 帳簿、書類の保存期間は、次のとおりとする。
(1)予算決算書類10年(2)会計帳簿5年(3)証拠書類5年
2 前項の期間は、決算日の翌日から起算し、廃棄処分する場合は会計責任者の承諾を受けて行うものとする。

 

第2章 予算
(目的)
第10条 予算は、実行委員会の決定した事業計画に基づいて、資金との調整を図って編成し、林間学校事業活動の円滑な運営に資することを目的とする。
(予算の作成)
第11条 実行委員会の事業計画と予算は、事業開始前に作成し、実行委員会の承認を得て委員長長が定める。
2 前項の事業計画及び予算は、実行委員会のホームページに掲載する。
(予算の執行者)
第12条 予算の執行者は、委員長とする。会計責任者は実行委員会規約で定める事務局長が務める。
(予算の流用)
第13条 予算の執行に当たり、委員長が特に必要と認めたときは、小科目相互間において資金を流用することができる。
(予備費の計上と使用)
第14条 予測しがたい支出に充てるため、相当額の予備費を計上することができる。
2 予備費の支出があるときは、委員長の承認を得て行い、実行委員会に報告しなければならない。
(予算の補正)
第15条 予算の補正を必要とするときは、委員長は補正予算を作成して、実行委員会の承認を得なければならない。

 

第3章 出納
(出納責任者)
第16条 金銭の出納、保管に関しては、事務局の出納責任者を会計責任者である事務局長が任命する。
(金銭出納)
第17条 金銭の出納は原則として、郵便振替・銀行振り込みで行い、必要に応じて払い出しを行うものとする。
2 支払いは、原則として現金によることとし、会計責任者の承認を得て行う。
3 10万円を超える支払いについては、委員長の承認を必要とする。
(残高照合)
第18条 出納責任者は、現金残高を毎日出納帳の残高と照合しなければならない。
2 前項の場合において、差異のあるときは、速やかに会計責任者に報告し、その指示を受けるものとする。

 

第4章 決算
(計算書類の作成)
第19条 事務局は、事業年度終了後、速やかに事業報告書及び一般会計並びに特別会計に係る次の決算書類を作成し、実行委員会の承認を得、実行委員会のホームページに掲載しなければならない。
(1)収支計算書
(2)正味財産増減計算書
(3)貸借対照表
(4)財産目録
(監査及び報告)
第20条 前条の決算書類は、事業年度終了後2ヶ月以内に、監査委員の監査を受けるものとする。
2 監査委員の監査終了後1ヶ月以内に、実行委員会の承認を得た後、実行委員会のホームページに掲載するとともに、事業報告会を開催し、支援企業など関係者に報告しなければならない。

 

(改廃)
第21条 本規則を改廃する場合、実行委員会の承認を得て行うものとする。
<附 則>
この規程は、2012年5月1日より施行する。

 

PAGE TOP