プログラム紹介Program
北海道
【北海道プログラム】親書を読ませていただきました

更新日:2012年3月28日  プログラム:北海道


前回より、子どもたちや保護者の皆さんが書いた「親書」を
お預かりしております。
それらは、事務局より知事に渡されたり、
おもにホストファミリーや受け入れ地域の方にお渡しして
読んでいただいております。
しかし、親書を渡す子どもたちの横にいる学生スタッフの皆さんは
それを読むチャンスがありませんでした。
そこで、少し悩んだのですが、
子どもたちと一緒にフィールドトリップに出る
スタッフ全員で、親書を読ませていただくこととしました。
明日は、生活面を支えるスタッフが読む予定です。
ともすれば、元気いっぱいの子どもたちの動き、
あるいは現場の忙しさに追われて
本来の目的や「そもそも」を見失いがちです。
今一度、旅先で一緒に過ごす子どもたち、そして
送り出してくださっている保護者の皆様の思いを
少しでも感じる必要がある、と考え、
親書を読ませていただく決断をいたしました。
さっきまで子どもが座っていた椅子に座り、
コピーではなく、原本、つまり、直筆の原稿用紙を
手にとって読ませていただきます。
テレビや新聞には表現しきれない「本当の福島」を感じるべく、
目に力を込めて、心をこめて、文字を追いかけます。
ぐわぐわと揺れるような心。
自然とあふれる、涙。
今、明日、私たちがやるべきことは何か。
スタッフ一人ひとり、それぞれが、今一度、確認をして、
明日の旅を迎えます。

PAGE TOP