プログラム紹介Program
北海道 Dコース
【流山BD】Bコースによる夜プログラム

更新日:2013年8月22日  プログラム:北海道 Dコース


ごはんを食べて、夜は、またもBコースのみんながDコースのみんなを
楽しませる企画を考えていました。
今日は満月。月がぽっかり浮いている。こんな夜には肝試し!
BコースのみんながDコースのみんなを驚かせます。
前半、既に一回、ボランティアのみんなに肝試しをやってもらったり、
自分たちで肝試し企画をしてきたBコース。
その経験を生かして、と事前から並々ならぬ意欲。
本部の洗面台に顔をうつしてメイク。
手をしっかり握って
ゾンビ・・・
なんか暗闇から変な声も聞こえる・・・
まだまだゾンビ!
追いかけまわしたあと、ぱたっと倒れ、あれ?と近づいてきたところを
急に起き上がり猛ダッシュでおいかけまわす!
夜空に響く叫び声。
髪の長い女子の「貞子 こわかった。。。」と男子。
「ぜんぜん、こわくなかったよ!ぜーーーんぜん、こわくなかったよ!ねー。」
とか言いながら、しっかり手を握りあっている女子。
隠れてるほうも怖かったけど、怖がらせたい気持ちが勝りました。がんばった。
一方、図書室にて。
肝試しが怖い子もいますよね。
そんなひとたちは、ゲーム&カラオケ大会。
ゲームは「かみかくし」を行いました。
その後はカラオケ。
直前に「カラオケやりたいって言ってる」とスタッフがばたばたとスピーカーとパソコンを用意。
Bコースの子どもがみんなからリクエストを募って、その曲をパソコンで流しました。
みんな大きな声でたくさん歌って、踊って、大合唱。
こちらも大盛り上がりでした。
みんなが歌うすみっこ、スピーカーの前に現れたのは、、、
子どもDJだー!ノリノリすぎてぶれてしまいました。
どちらの企画もBコースのみんなが時間をかけて
計画・準備をしました。Dコースのみんな楽しんでたね!
楽しんだ分、今日はゆっくり休んで。
そのあとBコースはまたなにやら、会議をしていましたよ。
クライマックスに向け、更なるチャレンジは続きます。お楽しみに。

PAGE TOP